建築工匠髙木秀 一級建築士事務所タカギデザイン余白.jpg余白.jpg余白.jpg余白.jpg余白.jpg余白.jpg余白.jpg余白.jpgホームホームトピックストピックスコンセプトコンセプト実績紹介実績紹介会社概要会社概要






topics column



古材メイン画像.jpg上質の内地材としての「古材」の利用
余白.jpg
木材は生物である。
もちろん1本1本の木にはそれぞれの個性があり、建材としての品質には、ばらつき「当たりハズレ」がある。そのため新材で「当たり材」を確実に入手するのは、建築木材の80%を輸入に頼っている日本の状況では、相応の時間と運が必要だ。

そこで、国産材を希望される、クライアントにご提案させていただいたのは、上質な内地材としての古材利用だ。

長年建築を支え続け、今尚、凛と立ち続ける古材は、充分に乾燥もすすんだ実証済みの「当たり材」だ。今回、選んだ古材は、「地松の丸太材」だ。上質の内地材はその耐久性はもちろん、木そのものが持つ美しさが際立つ。その魅力を損なわぬよう仕上げはシンプルなオイル仕上げとした。
また、既に職人の手により加工された古材の建材としてリノベートは、新材の建材用の加工と比べても時間も経費も縮小することができる。

古材イメージ

古材イメージ余白.png古材イメージ

古材イメージ余白.png古材イメージ

余白.png
余白.png
余白.png

ライン.jpg


上質な材と丁寧な仕事、1000年お時間の先人の知恵がつまる「古建具」上質な材と丁寧な仕事、1000年お時間の先人の知恵がつまる「古建具」余白.jpg高熱の炉を挟み、人と鉄が向き合った時間の記憶「ロートアイアン」高熱の炉を挟み、人と鉄が向き合った時間の記憶「ロートアイアン」余白.jpg高木久雄 絵画によるコミュニケーション高木久雄 絵画によるコミュニケーション
余白.jpg
topics4banner.jpgtopics4banner.jpg




pagetop.jpg